アルコールチェックの義務化で飲まない人も対象になるの?罰則は?

2023年12月1日から、アルコール探知機によるアルコールチェックが必須となることがアナウンスされました。

このアルコールチェックが必要なのは、次のどちらかに該当する企業です。

・11人以上を定員とする白ナンバー車を1台以上所有する企業
・白ナンバー車を5台以上所有する企業

今回の法改正により、こんな疑問を抱く人もいるでしょう。

■自分はアルコールを摂取できない体質だけど、アルコールチェックは受けなきゃいけないの?
■誰がアルコール検知の対象となるの?

この記事では、アルコールチェックの対象者や注意する点について詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

アルコールチェックの義務化で飲まない人も対象になる?

アルコールチェックの義務があるのは、安全運転を管理する担当者が存在する事業所で、これには白ナンバーの車を5台以上持つ事業所や、11人以上の人々を運べる車を少なくとも1台所有している事業所が含まれます。

これらの基準を満たしている場合、運転して仕事をする際には、飲酒の有無に関わらずアルコールチェックを受ける必要があります。

業務で運転を行う場合、飲酒していないと自認していても、安全運転管理者が設置されている事業所やそこで一定の車両を保有している場合は、アルコールチェックを受ける義務があり、これは事業所の安全対策の一部であり、すべてのドライバーに適用されます。

 

アルコールチェックの義務化で誰が対象?

アルコールチェックの義務対象者は、自身の事業所で安全運転管理者の役割を担当している人々です。

これはかつては運送事業者だけが対象でしたが、2021年に起きた白ナンバー車(自家用車)の飲酒運転事故を受けて、仕事で白ナンバー車を運転する人も対象となりました。

ただし、通勤時のアルコールチェックは義務ではありませんが、心配がある場合は自主的に行うことで安心できます。

 

アルコールチェックの義務化でどんな罰則がある?

アルコールチェックを行わなかった場合、どのような罰則が適用されるでしょうか。

直接的な罰則は存在しませんが、それは安全運転を監督する担当者がルールを破ったとみなされ、公安委員会によってその職務から解任される可能性があります。

安全運転担当者を指名せずに放置している場合、最大で50万円の罰金が科せられる可能性があります。

 

アルコールチェックをするタイミングはいつ?

アルコールチェックのタイミングは、通常、運転する前に行われます。

特に業務で運転を行う場合、飲酒の有無にかかわらずアルコールチェックを受ける必要があります。

このチェックはドライバーの安全を確保し、事故を防ぐためのものです。業務での運転開始前が主なチェックのタイミングです。

 

アルコールチェックできる商品

手軽にアルコールチェックができる商品を集めてみました。


まとめ

誰がアルコールチェックの対象者なのか、そしてアルコールチェックを行う際に考慮すべき重要な点について説明しました。
車を運転する人は、規則を守って事故ゼロを目指しましょう!

生活
mimiをフォローする
理想のライフスタイルへ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました